見出し画像

おうちでレストラン気分。子どもに大人気の「お子様ランチ」

「お子様ランチ」。
レストランに入ると必ずお子様ランチにまず目が行く子どもたち。お子様ランチって子どもの好きなものばかりが集まった夢のようなプレートですもんね。そんなメニューだからこそバクバクしっかり食べてくれるのでしょう。

それならお家でもお子様ランチを作ってみませんか!

今回のメインおかずはみんな大好きハンバーグ
お肉は挽肉を使うので食べやすく、小さなお子さんから少し大きいお兄ちゃんお姉ちゃんまで満足できる一品です。
そこへ目玉焼き。
目玉焼きがのってるだけで外食ハンバーグ?! と嬉しい気分になるのはなぜでしょうか。ちょっと特別感を感じるのはなぜですかね。
さらに黄身が半熟ならば、食べながらソース感覚で美味しさを楽しめます。

そして何と言ってもフライドポテト
お子様ランチの定番メニューです。フライとなると面倒……というお母さんも多いと思いますが、そこはご安心を!
今回は少ない油で焼き揚げしていきます。

そしてそして揚げ物もお忘れなく。
今回はエビフライを添えました。こちらも揚げるの?! と思いがちですが大丈夫! オーブントースターで簡単に作りたい分だけチャチャっと作れてしまいます。

さあ、ここに主食のお米を添えてしっかりご飯を食べて貰いたいものです。勿論白米でも良いですが、今回はもち麦を一緒に混ぜて炊いたご飯を添えました。もち麦は栄養価が高く育ち盛りの子どもたちにピッタリです。小さいカップにつめて‘’パカン‘’とお皿に盛り付けるのもいいかもしれませんね。

さあ、ハンバーグにフライドポテト、エビフライ。メインが決まったらあとは野菜をプラスします。
まっ赤なミニトマトとグリーンのリーフレタス

彩って大事です。そして、一杯人参を食べて貰いたいと思い、人参とツナのマヨサラダを添えました。

1つのお皿にしっかり盛り付ければあっという間にお子様ランチの出来あがりです!目でも味でも楽しめる欲張りなお子様ランチ。是非本日のランチにお子様と一緒にお家レストランを試してみませんか?!

「お子さまランチ」の作り方

【 材料 2人分 】

<ご飯>

米……1合
もち麦……30g

<ハンバーグ>
合いびき肉……160g
玉ねぎ(みじん切り)……1/4個
パン粉……大さじ3
卵……小3個
塩・こしょう・サラダ油……適量
ケチャップ……大さじ1
ウスターソース…‥大さじ1

<エビフライ>
エビ……6尾
マヨネーズ……大さじ1
パン粉……適量

<フライドポテト>
じゃがいも(くし切り)……1/2個
サラダ油・塩……適量

<人参とツナのサラダ>
人参(千切り)……1/2本
ツナ缶……1缶
マヨネーズ……大さじ1
リーフレタス(手でちぎる)……1枚
ミニトマト(2等分)……3個

画像4

【 作り方 】

<ご飯>
1:米を研ぎ炊飯器の目盛り分の水を加える。ここへもち麦を入れ80mLの水を足し炊飯器で炊く。

<ハンバーグ>
1:合いびき肉、玉ねぎ、パン粉、卵、塩・こしょうをよく練り合わせ2等分し空気を抜きながら成型する。
2:フライパンにサラダ油を熱し、 1 の表面に焼き色を付け、裏に返し軽く焼き目を付けたら水(100mL)を加えふたをして弱火で火を入れる。
3: 「2」にケチャップ、ウスターソースを加え軽く煮詰めハンバーグに絡める。

<エビフライ>
1: エビは背ワタを取り殻を取り表面にマヨネーズを塗りパン粉をまぶす。
2:1 を天板に並べ700wのトースターで10分程焼き色付くまで焼く。

画像1

<フライドポテト>
1: フライパンに1㎜のサラダ油を熱しジャガイモを両面焼く。
2:1 の温かいうちに塩を振る。

画像2

<人参とツナのサラダ>
1: 人参、ツナ缶、マヨネーズを混ぜ合わせる。
2:リーフレタス、ミニトマトを添える。

画像3

この記事を書いた人:尾田 衣子(料理家)
東京出身。ル・コルドンブルー東京校に入学。料理ディプロムを取得。イタリア・フィレンツェに渡り、家庭料理を学ぶ。健康管理士一般指導員資格取得。『薬味食堂』朝日新聞出版 『柑橘料理の本』オーバーラップ 等。雑誌、テレビ出演、外部講師等も行う。


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

6
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。

こちらでもピックアップされています

食・暮らしの豆知識/レシピ
食・暮らしの豆知識/レシピ
  • 8本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。