Discover LIFE
“ハヤシさん”が考案した? 「ハヤシライス」の由来
見出し画像

“ハヤシさん”が考案した? 「ハヤシライス」の由来

Discover LIFE

洋食メニューでオムライスと双璧をなすメニューといえば
ハヤシライス」

こちらもオムライスと同様に、明治時代の日本で誕生しました。その名前の由来には諸説あり、とりわけ有名なのが“ハヤシさんが作った”というもの。
実際に“ハヤシさん”が発明した料理なのか、みていきたいと思います。

二人の“ハヤシさん”

「ハヤシライス」の歴史を紐解いていくと、二人の“ハヤシさん”に出会います。

一人目は、東京「上野精養軒」にいたとされる、
料理人の林さん
従業員のまかない飯として、林さんが余った牛肉と野菜で作った料理が、のちに好評になったと言われています。

もう一人は、大手書店「丸善」の創業者、
早矢仕有的(はやし ゆうてき)さん
早矢仕さんは、世襲制が主流の明治日本において、いち早く西洋的な経営を手がけた人物として有名で、西洋の文化や学術を広めた人物として知られています。
そんな早矢仕さんの趣味は料理で、友人たちに振る舞ったメニューの一つに「ハヤシライス」があったそう。
また早矢仕さんは医師でもあり、栄養失調の患者のために考案した、とも言われています。

しかし、“精養軒の林さん”はそもそも実在したかどうか定かではなく、“丸善の早矢仕さん”も実際にレシピを残した証拠がないため、“ハヤシさん説”は有力とはいい難いようです。

“ハッシュ”がなまって“ハヤシ”に?

“ハヤシさん説”のほかにも、スライスした牛肉をデミグラスソースで煮込んだ「ハッシュドビーフ」にごはんを添えた料理を「ハッシュドビーフライス」と呼ぶようになり、それがなまって「ハヤシライス」になったとの説もあります。

しかし、明治時代の「ハッシュドビーフ」のレシピは、

焙った牛肉と茹でて小さく切ったジャガイモを混ぜ、バターを溶かした鍋に入れて絶えずかき回し、塩、コショウ少々を加えて、よく焼けたら取り出すもの

とされています。

デミグラスソースで煮込む「ハヤシライス」とは全く異なり、ハッシュドポテトのようなもの。
どうやら“ハッシュド=ハヤシ説”も少々違和感があります。

「ハヤシビフ」が原点?

「ハヤシ」という言葉が登場するもっとも古い文献は、1888(明治21)年に刊行された『軽便西洋料理法指南』。
この本には「ハヤシビフ」という名の料理が登場し、

薄切り牛肉と玉ねぎを煮たスープにシチューのソースを入れて煮る

とあり、現代の「ハヤシライス」に通じるものでした。

一方、明治40年に刊行された別の文献で紹介された「ビーフハヤシ」は、先にあげた「ハッシュドビーフ」(ハッシュドポテト)のレシピに近かったようです。
なお、大正以降の料理本では現代と同様のレシピで「ハヤシライス」が紹介されているようです。

謎が謎を呼ぶ「ハヤシライス」。
“ハヤシさん”なのか“ハッシュ”のなまりなのか。
レシピもさることながら、語源まではっきりしない「ハヤシライス」の由来。真相はすっかり煮込まれてしまったようです。

この記事を書いてくれた人:江戸川渓谷(えどがわけいこく)
プロフィール:三度の飯とおにぎりが好き。趣味は道の駅めぐりに商店街散策、メタボ対策のトレッキング。うまいものは足で稼ぐのが信条。ゲットした惣菜で晩酌するのが最近の楽しみ。


この記事が参加している募集

名前の由来

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Discover LIFE
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。