Discover LIFE

食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。

Discover LIFE

食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。

    マガジン

    最近の記事

    意外と浅い? 「丼(どんぶり)」の歴史

    牛丼、かつ丼、親子丼。 海鮮丼、鰻丼、中華丼。 麻婆丼にロコモコ丼など、 和食だけでなく、中華や洋食にまで浸透している丼料理。 丼に入ったごはんの上に、おかずとなる具材を乗せるだけ。 手軽でシンプルな料理ゆえ、さまざまな料理に応用がききます。 これだけ馴染みのある料理なのだから、相当昔からあったのだろうと思いきや、意外にも本格的に広まったのは明治以降。 そんな丼(どんぶり)の歴史に迫りたいと思います。 丼(どんぶり)の原型丼の原型になった料理が登場したのは室町時代から戦

    スキ
    2
      • 「お米の輸出と輸入」から見る、日本の今と未来へのチャンス

        日本の食料自給率2020年、日本の食料自給率は37.17%(カロリーベース)と過去最低を更新しました。 諸外国と比べ、突出して低い数字です。 残念なことですが……。 その理由としては、米食や魚離れが進み、小麦・肉・乳製品の輸入が増えていることが挙げられます。 自給率は食材によってまちまちですが、「さすがにお米は100%のはず」と、気軽な気持ちで農水省のページを見ていたら。 お米の自給率はなんと97%! 国内のお米って余っているはずでは……?? このカラクリは「ミニマム

        スキ
        6
        • 「米」が姿を変え、「次」は何に? 岩手県の郷土料理「豆しとぎ」

          「しとぎ」とはあまり耳慣れない言葉ですが、お米をつぶして粉にして作ったおもちのことを指しています。 これに大豆を混ぜたものを「豆しとぎ」と言い、古くから神前のお供えものとして欠かせない食べ物だったとか……。 今回は岩手県で受け継がれる郷土料理の「豆しとぎ」をご紹介します。 お米が次に姿を変えたのが「粢(しとぎ)」どこか美しい響きを持つ「しとぎ」という名前の食べ物は、生のお米をついて粉にし、水でこねて丸めたものを指しています。 お米を材料としたこのシンプルな食べ物は、おもちの

          スキ
          18
          • [誰がブランドを決めるのか?]つや姫編

            山形県生まれの「つや姫」は、日本で最もブランディングに成功した品種の一つと言ってよいでしょう。 デビューは2009年です。 当初から目標としていた「コシヒカリを超える」……13年経ったいま、価格の面ではすでに達成していると言えます。 今では新潟県平野部で収穫される「コシヒカリ」よりも高い価格を保ち、昨今の米価下落局面においても値段は下がりません。ここまでしっかりと「価格の下支え」が出来ているのは、消費者からの信頼が大きいと言えるでしょう。 「つや姫」がブランディングで成功

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 食・暮らしの豆知識/レシピ
            Discover LIFE
          • クローズアップ
            Discover LIFE
          • Discover LIFE編集チーム
            Discover LIFE
          • 健康・ダイエット
            Discover LIFE

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            元祖「カツ丼」は、卵でとじない「ソースカツ丼」だった!

            「カツ丼」といえば、全国各地に広がる定番料理。 カラッと揚がったトンカツを切り分け、出汁と鶏卵でとじ、ご飯にのっけたもの。 蕎麦つゆの「かえし」を出汁に転用できるため、昔から蕎麦屋の定番料理であり、近年はカツ丼専門チェーンも人気です。 しかし、地域によって「卵でとじないご当地カツ丼」も存在します。 今回は「カツ丼進化の歴史」に迫りたいと思います。 カツ丼の起源は卵とじではなかったカツ丼の起源には複数の説が存在します。最も古い説は明治30年代、甲府の蕎麦屋でカツ丼が提供されて

            スキ
            2

            [ココロとカラダをはぐくむご飯への道]その⑦わさびの話

            子どもたちと薬膳ご飯を食べに行ったときのお話です。 薬膳レシピ担当の方から、わさびの役割についてとても役に立つお話を聞かせていただきました! おしゃべり大好きな長男が、「魚が好き〜」と薬膳担当のスタッフさんとお話をしていました。 その時にその方が「お刺身は、わさびが食べられるようになってから食べてね」とおっしゃっており、どういうことかを伺うと、わさびには細菌やカビの増殖を抑制する殺菌作用があると教えてくださいました。 わさびの殺菌効果わさびの辛味成分である「アリルイソチオ

            スキ
            6

            暑い夏に食べたい! 山形県のパワフルな郷土料理「だし」

            山形県の代表的な郷土料理「だし」は、夏野菜を生のまま食べる冷たい料理です。山形県の料理ですが、ほかの地域のスーパーなどでもよく見かけるようになり、全国的に市民権を得た様子。 今回は、暑さで食欲がなくなる時期もごはんが進む、夏バテ対策料理「だし」をご紹介します。 山形県で「だし」といえばコチラ東北地方は涼しいイメージがありますが、山形県は四方を山で囲まれた盆地なので、あたたかい空気が溜まりやすいという特徴があります。そのため昔から暑い夏を乗り切る工夫 = 冷やし文化なるもの

            スキ
            10

            [ココロとカラダをはぐくむご飯への道]その⑥便秘にはやっぱり日本食

            近年、便秘人口が増加しているってご存知ですか? 令和元年の国民生活基礎調査によれば、日本人で便秘に悩まされている方の割合は男性25.4%、女性43.7%! 女性は2人に1人が便秘という……( ; ; ) さらに驚きなのが、年々子供の便秘が増えていること。 高校生の2人に1人は便秘状態 or 便秘予備軍らしいです。 そもそも便秘ってどういう状態?何日出てないと便秘か考えたことありますか? 実は毎日出ていても、残便感がある方は便秘です。 逆に2、3日に1回の排便でもスッキリ出

            スキ
            7

            富山県の郷土料理「とろろ昆布おにぎり」を作ってみた

            日本のソウルフードともいえる、おにぎり。 地域や家庭ごとに作り方や具材が異なるため、ローカル色を味わうのも楽しいものです。 富山県のおにぎりは、ごはんを海苔の代わりに昆布で包むのが主流なのだとか……。風味豊かなおにぎりを、ぜひご賞味ください。 採れない昆布をたくさん食べる富山県民「昆布の消費量の多い県はどこ?」 ランキングの第3位に輝くのが、富山県です。 でも昆布が採れるのは北海道、青森県や岩手県などで、富山県ではほとんど採れないんですよね。なぜ富山県で多く食べられてい

            スキ
            11

            [炊き比べ]電気炊飯器・土鍋・圧力鍋で「玄米」を炊いた場合の「違い」とは

            玄米の糠層には食物繊維や、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。昔は今ほど精白しきったお米ではなかったため、おかずが少なくともお米さえ食べていれば極端に不健康になることはありませんでした。 江戸時代に精米技術が発達すると、江戸を中心に白米を食べる習慣が広まっていきました。しかしそれにより極端なビタミン不足になり、脚気が流行したのです。これを「江戸患い」と言いました。 「脚気がなぜ起こるのか」が解明されたのはずっと時代が下がってからです。明治43年に農学者・鈴木梅太郎が米

            スキ
            21

            [ココロとカラダをはぐくむご飯への道]その⑤卵かけご飯にアレを足すと最強になる!?

            日本の密かなソウルフードの代表、 卵かけご飯。 ご飯と卵とお醤油があれば1分かからずできてしまう、超絶手抜きメニューの一つでもある卵かけご飯ですが、ものすごく優秀な一品なんですよ! アミノ酸スコアって聞いたことありますか? アミノ酸スコアは、食べ物に含まれる「タンパク質」の量と「必須アミノ酸」がバランス良く含まれているかを数字で表した指標となるものです。 アミノ酸は人の体を作るために必要ですが、体内で合成できないアミノ酸(必須アミノ酸)があります。そのため食べ物から摂

            スキ
            10

            [ココロとカラダを育むご飯への道]その④納豆は素晴らしい&好き嫌いをなくす方法

            突然ですが、みなさまは納豆は好きですか? 実は私は、納豆が食べられなかった人です。 ねばねば系の食べ物(山芋やオクラ)は大好きでしたが、納豆は両親が苦手だったこともあり、幼き頃の我が家では、納豆が食卓に上がることはありませんでした。CMで見るたび「めっちゃ美味しそうやん!!」と思った記憶はあります(笑)。 とある日、給食に納豆が出る! ということがありました。 おそらく今の給食では納豆が献立に入るのは普通なのでしょうが、私の時代には納豆は給食に出なかったので、すごくざわ

            スキ
            4

            “ハヤシさん”が考案した? 「ハヤシライス」の由来

            洋食メニューでオムライスと双璧をなすメニューといえば 「ハヤシライス」。 こちらもオムライスと同様に、明治時代の日本で誕生しました。その名前の由来には諸説あり、とりわけ有名なのが“ハヤシさんが作った”というもの。 実際に“ハヤシさん”が発明した料理なのか、みていきたいと思います。 二人の“ハヤシさん”「ハヤシライス」の歴史を紐解いていくと、二人の“ハヤシさん”に出会います。 一人目は、東京「上野精養軒」にいたとされる、 料理人の林さん。 従業員のまかない飯として、林さん

            スキ
            6

            お茶の味が……しない!?徳島県の郷土料理「茶ごめ」

            「茶ごめ」と聞いて、どんな料理を想像しますか。 お米とお茶を一緒に炊いたものなのかな? 確かに番茶を入れて炊きこんだご飯が日本にはあります。 でも今回ご紹介する「茶ごめ」は、お茶ではなくそら豆を具材にして炊きこむのだとか……。 さて徳島県の郷土料理「茶ごめ」とは、どんな味がするのでしょうか。 茶褐色になるまで煎ったそら豆+お米=「茶ごめ」スーパーの店頭にそら豆が並ぶと、春の訪れを感じます。 ぷくっとしたさやの曲線やお多福のような形の豆は、見ていると何だか幸せな気持ちになっ

            スキ
            68

            未来に向けて、期待が広がる「スマート農業」について

            (1)スマート農業とは日本の農水省が定める「スマート農業」とは という定義となっています。 日本の農業の現場では、人の手で行う作業や、熟練者でなければできない作業が多く、省力化・人手の確保・負担の軽減が重要な課題となっています。そこで、日本の農業技術に「先端技術」を駆使した「スマート農業」を活用することにより、農作業における省力・軽労化を更に進められる事ができるとともに、新規就農者の確保や栽培技術力の継承等が期待されます。 ICT技術により、熟練農家の農業技術を若手農家

            スキ
            12

            [どうしてそうなった!?]いちほまれ

            [どうしてそうなった!?]は、変わったお米のネーミングの由来についてご紹介していくシリーズです。 今回のお米は 福井県の「いちほまれ」です。 ここ数年、各地で色々な品種がデビューしていますが、その中でもっとも業界の注目を集めたのが、2017年にデビューした福井県のオリジナル品種「いちほまれ」です。 それは、この名前が決まる前の「コードネーム」は「ポストコシヒカリ」と言われていたからです。 実はあまり知られていませんが、「コシヒカリ」は福井県で生まれました。福井県の農業試

            スキ
            5