マガジンのカバー画像

クローズアップ

24
運営しているクリエイター

記事一覧

知る人ぞ知るお米#1 岐阜県産「銀の朏」

知る人ぞ知るお米#1 岐阜県産「銀の朏」

今回から、五ツ星お米マイスター小池は
新シリーズ「知る人ぞ知るお米」
というお題で連載をスタートします!
みなさま、どうぞお楽しみに。
美味しいお米を探し求めている方、要チェックですよ〜!

ちなみに前回までは[どうしてそうなった!?]というお題で、おもしろい名前のお米を紹介していましたよ。
その連載記事はマガジン「クローズアップ」に格納されていますので、ご興味のある方はぜひのぞいてみてください。

もっとみる
[どうしてそうなった!?]どまんなか

[どうしてそうなった!?]どまんなか

山形県の駅弁で「美味しい!」と評判のお弁当があります。
その名も「牛肉どまん中」。
この名称を聞いて、一般の人であれば「牛肉が真ん中に鎮座してボリューミーな弁当に違いない」と思い描くと思いますが、僕ら米業界人はこのように思います。

「懐かしい名前! まだ栽培している人はいるのかな?」
と。

そう、この弁当に使われているお米こそが、かつて山形県のオリジナル品種として「はえぬき」と同時に華々しくデ

もっとみる
日本の米は、まだまだ可能性がある!

日本の米は、まだまだ可能性がある!

突然ですが……。
私、小池精米店・三代目、五ツ星お米マイスターの小池理雄が、7月17日に本を出版しました。
今回は、その本を少しご紹介いたします。
お米を食す方・作る方・販売する方、お米に携わるたくさんの方に読んでいただきたい一冊です。

タイトルは『なぜ、その米は売れるのか? 進化する原宿の米屋のマーケティング術』(家の光協会)です。

お米についての本は数あれど、その中身は品種の話であったり、

もっとみる
ブランド米とはなんぞや

ブランド米とはなんぞや

「ブランド米」。
よく聞く言葉だと思いますが、実はその定義はあいまいです。少なくとも何か法律でその定義が決まっているわけではありません。

最近、都道府県レベルの地方自治体から多くの新品種がリリースされています。その中でも私がはっきりと「ブランド米」と言えるのは、「つや姫」と「ゆめぴりか」です。
私は消費者向けにイベントを行うことが度々ありますが、その際に「知っているお米はどれ?」といった簡単なア

もっとみる
[どうしてそうなった!?]福、笑い

[どうしてそうなった!?]福、笑い

[どうしてそうなった!?]は、変わったお米のネーミングの由来についてご紹介していくシリーズです。

今回のお米は
福島県の「福、笑い」です。

「福、笑い」というお米……ご存知でしょうか?
この言葉をそのままGoogleで検索しても、正月に家族で楽しむ『あの遊び』しか出てきません。そう、まだまだ知名度の低いお米なのですが……。

実はこのお米。
福島県が2021年に満を持して市場に投入した期待の新

もっとみる
[どうしてそうなった!?]くまさんの輝き

[どうしてそうなった!?]くまさんの輝き

[どうしてそうなった!?]は、変わったお米のネーミングの由来についてご紹介していくシリーズです。

今回のお米は
熊本県の「くまさんの輝き」です。

熊本県は、九州地方で随一のお米の生産量を誇る県です。
それは九州地方で有名な焼酎の原材料が、熊本県では芋や麦ではなく米であることからも分かります。
熊本県のお米事情とは、ざっくりとこういった感じです。

品種は「コシヒカリ」「ヒノヒカリ」がメインです

もっとみる
[どうしてそうなった!?]おいでまい

[どうしてそうなった!?]おいでまい

[どうしてそうなった!?]は、変わったお米のネーミングの由来についてご紹介していくシリーズです。

今回のお米は
香川県の「おいでまい」です。

「四国で美味しいお米?
 しかも香川県で??
 香川県は『うどん県』だろう?」

香川県に美味しいお米がある、そんな話を聞いた一般消費者は(口に出さずとも)、恐らくこういった反応をすると思います。

米屋も同じです。
小池精米店のような東京の米屋にとって

もっとみる
[誰がブランドを決めるのか?]ミルキークイーン編

[誰がブランドを決めるのか?]ミルキークイーン編

「ミルキークイーン」は特定の自治体が開発し、推すことにより全国区になったお米……ではありません。
特定のプロモーションを経て有名になったのではなく、その「尖った特徴」が消費者や米屋などに評価され、じわじわとその名前が知られるようになったのです。

今では茨城県、長野県、山形県、滋賀県等々日本各地で広く栽培されているお米です。

「スーパーライス計画」とは「ミルキークイーン」は普通のお米とは見た目が

もっとみる
[誰がブランドを決めるのか?]つや姫編

[誰がブランドを決めるのか?]つや姫編

山形県生まれの「つや姫」は、日本で最もブランディングに成功した品種の一つと言ってよいでしょう。

デビューは2009年です。
当初から目標としていた「コシヒカリを超える」……13年経ったいま、価格の面ではすでに達成していると言えます。
今では新潟県平野部で収穫される「コシヒカリ」よりも高い価格を保ち、昨今の米価下落局面においても値段は下がりません。ここまでしっかりと「価格の下支え」が出来ているのは

もっとみる
未来に向けて、期待が広がる「スマート農業」について

未来に向けて、期待が広がる「スマート農業」について

(1)スマート農業とは日本の農水省が定める「スマート農業」とは

という定義となっています。

日本の農業の現場では、人の手で行う作業や、熟練者でなければできない作業が多く、省力化・人手の確保・負担の軽減が重要な課題となっています。そこで、日本の農業技術に「先端技術」を駆使した「スマート農業」を活用することにより、農作業における省力・軽労化を更に進められる事ができるとともに、新規就農者の確保や栽培

もっとみる
[どうしてそうなった!?]いちほまれ

[どうしてそうなった!?]いちほまれ

[どうしてそうなった!?]は、変わったお米のネーミングの由来についてご紹介していくシリーズです。

今回のお米は
福井県の「いちほまれ」です。

ここ数年、各地で色々な品種がデビューしていますが、その中でもっとも業界の注目を集めたのが、2017年にデビューした福井県のオリジナル品種「いちほまれ」です。
それは、この名前が決まる前の「コードネーム」は「ポストコシヒカリ」と言われていたからです。

もっとみる
[誰がブランドを決めるのか?]ひとめぼれ編

[誰がブランドを決めるのか?]ひとめぼれ編

私がイベントなどで、よくお客さまにお尋ねする質問の一つに「知っているお米の品種名を挙げてみてください」というものがあります。
当然「コシヒカリ」は挙げられますが、それ以外の品種は挙がったり挙がらなかったり。
しかし高確率で挙げられる品種名のなかに「ひとめぼれ」があります。
そして……いまや「希少米」と言っていいほど生産量が少ない「ササニシキ」もあります。

実はこの二つの品種は、片方について説明す

もっとみる
[誰がブランドを決めるのか?]あきたこまち編

[誰がブランドを決めるのか?]あきたこまち編

ほとんどの日本人が名前を知っているお米……「あきたこまち」。
2020年現在の作付面積は第4位。
デビューから35年以上経過した今、なお多くの消費者に支持されている驚異のお米です。

どのようにそのブランドは出来上がったのでしょうか?

1.名前が斬新!
今でこそ色々な品種名が見られますが、あきたこまちがデビューした1984年当時は「コシヒカリ」「ササニシキ」「日本晴」といった、どことなく古色蒼

もっとみる
[どうしてそうなった!?]ちゅらひかり

[どうしてそうなった!?]ちゅらひかり

[どうしてそうなった!?]は、変わったお米のネーミングの由来についてご紹介していくシリーズです。

今回のお米は
沖縄県の「ちゅらひかり」です。

「ちゅらひかり」……お米の名前には色々とありますが、その中でも特に「美しい響きのする名前」の代表格と言えるでしょう。

その名前から想像できると思いますが、沖縄県で栽培されているお米です。

よく「沖縄県でお米を栽培しているの?」と驚かれる方がいます。

もっとみる