見出し画像

魅力いっぱいの「米ぬか」を暮らしに取り入れよう

あちこちで売られている「ぬか漬け」。
一度は食べたことのある方が多いと思いますが、ぬか漬けに使われている「米ぬか」をご覧になったことはありますか?

普段はほとんど見かけませんが、実はお掃除からお料理まで使える優れもの。今回は、そんな「米ぬか」の魅力と活用法をご紹介します。

米ぬかって何?

米ぬかは、玄米の表面を削る「精米」の際に生じる、薄茶色の粉のことをいいます。
米ぬかは、白米を食べることが一般的になった江戸時代以降、白米が流通するとともに大量に出回るようになりました。この頃から、一般家庭ではぬか漬けが盛んにつくられるようになりました。
米ぬかから搾油される「米油」も、江戸時代から日本で作られるようになったと伝えられています。

米ぬかの秘められた栄養素

米ぬかには、ビタミン、ミネラル類、脂肪、たんぱく質など多くの栄養素が豊富に含まれています。米ぬかと白米とでは、栄養素の割合でいうと実は米ぬかが9割以上、白米は1割未満という分析結果も出ているほどです。

詳しくみていくと、高い抗酸化力を持つビタミンEや、コレステロールの吸収を妨げるγ-オリザノール、脳機能改善や高血圧改善に効果を発揮するフェルラ酸など、非常に栄養価に優れていることが分かっています。

そのため漬物以外にも、米油、きのこの栽培、配合飼料などで利用されています。また食品だけでなく、米ぬかに含まれているビタミンB群が新陳代謝を活発にする働きがあることから、化粧品や石鹸など美容分野でも活用されています。
便通改善や整腸効果など「胃腸系」の生理機能アップや、アトピー、肌荒れ解消、花粉症改善など健康面においても、優れた栄養成分を含んでいます。

画像1

米ぬかを使った料理

noteでは、米ぬかを使ったヘルシーで美味しそうなレシピがたくさん紹介されています。
ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

また、果物についているワックスや果物の皮のベタベタ汚れも、米ぬかに水を含ませて表面をこすると、ツルっと綺麗になります。天然成分で洗うので安心ですね。

米ぬかをもっと生活に取り入れよう

米油の原料でもある米ぬかは、油脂を含んでいるため油汚れに大変効果があります。水を含ませたスポンジに米ぬかを含ませて鍋をこすれば、スッキリと汚れが落ちますよ。

また、米ぬかの研磨力で湯飲みなどの茶渋も落とせます。洗いづらい畳や、フローリングのお掃除にも使えますよ。
他にも、米ぬかを使ってガーデニング用の「堆肥」を作ったり、入浴剤にしたりと、用途が幅広いのが驚きですね!

お値段は店舗によって差がありますが、10キロ 1,500~2,000円程度で販売されているようです。インターネットでも、様々な活用法が紹介されているので、ぜひ皆さんも暮らしに米ぬかを取り入れてみてくださいね。

この記事を書いてくれた人:さとう きょうこ
専業主婦から毎日新聞社のライターを経て住宅会社に就職。広報、人事部を立ち上げ、『家を売るライター』として有名建築家や経営者、顧客を取材。雑誌書籍の編集や採用人事も担当。16年の勤務を経て2020年に独立。


楽しんでいただけたようで嬉しいです!
43
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。