見出し画像

「駅弁」とは。 「駅弁の定義」その(1)

みなさんは「駅弁」と聞いて、どんなものをイメージするでしょう。

駅の売店で売っている弁当
列車に乗りながら食べる弁当
車内販売で売られる弁当
デパートやスーパーの催事(駅弁大会)で売られている弁当
パッケージや包み紙が色とりどりな弁当
出張時にちょうどいい弁当
酒の肴にもなる弁当

日本で生まれ育っていれば「駅弁を見たことがない」という方はまずいないと思います。
では「駅弁の定義は?」と尋ねられたらどうでしょう。

“駅で売っている弁当のこと……?”と、なんとなく駅で売っているもの、という回答になるかと思います。
もちろんそれで間違いではないのですが、元々駅弁には「駅弁が駅弁たる定義」がしっかりありました。

画像1

駅弁研究の基礎となる「駅弁学講座」によれば、

「駅弁(の販売)とは構内営業のひとつ」であり、
「駅構内で物品を販売する承認」を得なければならず、
「鉄道の方から定められた規程や手続き」を守り、
「一定の冥加金(手数料)を鉄道の方に支払う」

という条件を満たした業者のみ、販売を許されたものが「駅弁」とされました。当時の鉄道とは国有鉄道のこと。

つまり、国が定めたルールに従い“上納金”を納めなければ、「駅弁」を駅構内で販売することはできなかったのです。

現在は国鉄も民営化されたので、かつての“上納金”があるわけではないですが、一般流通での販売と同様、鉄道会社に一定の販売手数料を支払っているそうです。

一方、「駅構内」とは今でいう「駅ナカ」を指します。
となると、駅ナカのコンビニ弁当も「駅弁」に相当するのか? という疑問が出てきます。
これには、四角い「駅弁マーク」が関係してきます。
次回は「駅弁マーク」を中心に、「駅弁の定義」をさらに深掘りしたいと思います。

この記事を書いてくれた人:江戸川渓谷(えどがわけいこく)
プロフィール:三度の飯とおにぎりが好き。趣味は道の駅めぐりに商店街散策、メタボ対策のトレッキング。うまいものは足で稼ぐのが信条。ゲットした惣菜で晩酌するのが最近の楽しみ。

またぜひ読みにきてください!
2
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。