見出し画像

[誰がブランドを決めるのか?]ななつぼし編

「ななつぼし」……北斗七星から名前をとった、北海道のブランド米です。
「ななつぼし」は米屋から見て面白いお米です。一般消費者から広く支持されている一方で、レストラン等の業務用でも使われています。
用途を問わず人気の高い「ななつぼし」は、どのように生まれ、どのように広まったのでしょうか……。

北海道における稲作

その前に北海道における稲作について紹介します。
北海道の農業はかつては畑作や酪農が中心でしたが、1873年に稲作を開始して以後、自然の厳しい北海道の気候に苦労しながらも、この地に適した米作りを進めてきました。

「温暖化が進んでいるからコシヒカリも北海道で栽培できるのでは?」と質問を受けることがありますが、違います。
本州で栽培されているお米が北海道で栽培できるとは限りません。それは稲の持つ「短日性」によるところが大きいのです。

稲は日照時間が短くなると秋を感じ、穂をつけるようになります。これを「短日性」といいます。ところが北海道では緯度が高いため日照時間が長く、その結果、穂が稔るタイミングを逸してしまうのです。そのため北海道の品種は短日性が弱い、道オリジナルの品種になるのです。

「ななつぼし」が特Aを獲得するまで

北海道でここまでの米が出るとはな……。
これは間違いなく売れる。」


小池精米店の2代目(私の父)の当時の感想です。北海道の新品種「きらら397」が1988年に誕生しました。
北海道のお米は生産量こそ上向いてきましたが、あまり美味しくなかったため、いつしか「やっかいどう米」とまで言われてました。
その中での「きらら397」の食味の良さは、非常に衝撃的でした。

この「きらら397」を生み出したのが北海道立の農業試験場が行った「優良米の早期開発試験」プロジェクトです。1980年から始まり「きらら397」の誕生に結び付くわけですが、ここで「ななつぼし」も生まれました。
2001年のことです。

いっぽう北海道では販売活動にも力を入れてきました。
農業団体や生産者団体らによって「北海道米販売拡大委員会」が設置され、まだ北海道米が今ほど美味しいお米ではなかった時から、各地で北海道米の認知拡大や販売促進活動などを行ってきました。

北海道の農協組織であるホクレンは、外食産業や加工食品メーカーに積極的に営業をかけています。その甲斐あって「ななつぼし」は外食レストランチェーンや寿司屋で使われるようになるなどBtoBでも支持層が広がっていったのです。

そして……2010年「ななつぼし」が北海道米で初めて食味ランキング(穀物検定協会主催)で最高位「特A」を獲得しました。食味ランキングはメディアに取り上げられることが多く、また北海道で初めて「特A」を獲得したということで「ななつぼし」が消費者に広く知られるきっかけになった出来事でした。以後、ななつぼしの評価は毎年安定しており、それ以来、特A獲得は11年連続になります。

画像1

オール北海道の想い

ホクレンはここ毎年、全国的に「ゆめぴりか」のテレビCMを流しています。「ゆめぴりか」とマツコ・デラックスさんの組み合わせがあまりに斬新で「ゆめぴりか」の知名度はぐんと上がりました。しかし「ゆめぴりか」はある意味癖のある味です。

いっぽうで「ななつぼし」は「ゆめぴりか」と対極な味で、粘りが強かったり、甘みが強いのは苦手、といった消費者を拾い上げるには最適なお米でした。それを意識してか2年ほどの前のバージョンでは、「ゆめぴりか」と並んで「ななつぼし」も登場しました。
味の違いがはっきりと判るということもあり「ゆめぴりか」と並んで「ななつぼし」の評価も上がっていったのです。

「ななつぼし」のブランドは、「美味しいお米を作りたい!」というオール北海道の想いが結実した証なのです。

この記事を書いてくれた人:小池理雄(小池精米店三代目)
1971年原宿生まれ。明治大学卒業後、会社勤務を経て2006年に小池精米店を継ぐ。五ツ星お米マイスター。テレビやラジオ、新聞、雑誌、ネット等のメディア出演多数。
共著「お米の世界へようこそ!」(経法ビジネス出版)


お米パワーおくります!
5
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。