卵・乳製品・小麦粉を使わない「ガトーショコラ」
見出し画像

卵・乳製品・小麦粉を使わない「ガトーショコラ」

食物アレルギーやグルテンフリーの観点から脚光を浴びている米粉のスイーツ。それだけではなく、米粉を使ったお菓子は作るのも簡単でおいしくて良い事だらけ。

今回はお子さんも大好きなココアを使ったスイーツ、ガトーショコラをご紹介します。

通常、ガトーショコラを作るには

・チョコレートとバターを溶かし
・小麦粉とココアを合わせてふるっておき
・卵を黄身と白身に分けメレンゲを作って……


など作業がたくさんありますが、今回のガトーショコラは米粉を使っているから混ぜるだけ。オーブンに入れるまでたった10分。
お子さんでもあっという間に作れちゃいます。

卵・乳製品・小麦粉を使っていないから、アレルギーのお子さんもそうでないご家族もみんなで一緒に「おいしいね♡」と食べられます。

また米粉でしか出せない、もちもちしっとりのおいしさをお楽しみいただけます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ガトーショコラの材料

・5号サイズ(15cm)の丸型

【 A:粉類 】
・製菓用米粉(富澤商店)   80g
・アーモンドプードル   30g
・純ココアパウダー    30g
・ベーキングパウダー    6g

【 B:液体類 】
・黒砂糖(または甜菜糖など粉末の砂糖)70g
・無調整豆乳(固形分9%)      160g
・菜種油(米油でも可)        50g
・天然塩  ひとつまみ(1~2g程)

・お酢  小さじ1

ガトーショコラの<作り方>

① 型に敷き紙をしき(紙の型ならそのままでOK)、オーブンを180度に予熱し始めます。

② 大きめのボウルに【A】の製菓用米粉、アーモンドプードル、純ココアパウダー、ベーキングパウダーを計量します。
中ぐらいのボウルに【B】の黒砂糖、無調整豆乳、菜種油、天然塩を計量します(お酢はまだ計量しません)。

画像1

③ 泡だて器で大きめのボウルをまず均一になるまで混ぜます。

④ ③の泡だて器で中ぐらいのボウルを混ぜます。油が浮かずに一体化(乳化)するまでよく混ぜます。
シャカシャカと勢い良く混ぜると乳化しやすいです。
黒砂糖は少し溶け残りがあっても大丈夫! 大きい粒は潰しましょう。

⑤ ③の大きめのボウル(粉類)に④の中ぐらいのボウル(液体類)を加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

画像2

⑥ ⑤にお酢を加え、20回ほどぐるぐる手早く混ぜ、すぐ型に入れます。

画像3

⑦ 天板に乗せて180度のオーブンで30分焼き、均一に焼くために向きを逆に置き直し、温度を170度に下げて10分焼きます。

爪楊枝を刺して、生の生地がついてこなければ出来上がり。
クーラーの上で冷まして、型から出したら冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。

画像4

このガトーショコラは、翌日も味が馴染んでおいしくお召し上がりいただけますよ。

この記事を書いてくれた人:西川ゆりこ
プロフィール:大阪で3大アレルゲンフリーのお菓子教室*にちにっか*主宰。元パティシエの3児の母。製菓衛生士。
食物アレルギーがある子もない子も一緒に笑顔で食べられるお菓子をお伝すると共に、食物アレルギーがない世界を目指して活動中。



よーし!またいい記事書くぞー!
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。