見出し画像

「こめ油」ってどんな油?

皆さん「こめ油」をご存じですか?
初めて聞いた方も多いかもしれません。
こめ油とは、その名の通りお米が原料の油。

栄養価が高くて色んな料理に使いやすいなど、さまざまな特徴があるのでご紹介します。

「こめ油」はどうやってつくられるの?

「こめ油」は、玄米を精米した時に発生する“米ぬか”から抽出された油です。
国産米が原料なので、完全なメイドインジャパンの商品。
「米ぬか油」や「玄米油」と呼ばれることもありますが、食品規格のJASは「こめ油」を正式名称としています。
ココナッツオイルや大豆油などと同様、原料の規定がないことから、サラダ油に分類されています。

こめ油は風味や香りにクセがなく、素材の旨みをいかす美味しい油。
普段のお料理からパン・スイーツまで、使いやすいのが特徴です。

こめ油は酸化に強い油としても知られており、お料理の美味しさが長持ちするので、作り置きやお弁当にも最適です。
その理由となっている、こめ油の成分について詳しくみていきましょう。

画像1

こめ油の成分と特徴

こめ油は、玄米1キロから約15グラムしかとれない大変貴重な油。
身体の働きを調節する役割をもった、数十種類もの生理活性物質が含まれています。
特にビタミンB群を中心としたビタミン類、カルシウムなどのミネラル、食物繊維、脂質、抗酸化成分などの栄養素を豊富に含んでいます。

具体的にはオレイン酸やリノレン酸、パルミチン酸などの多くの酸が含まれている他、抗酸化物質のオリザノールなどが含まれています。
また、タンパク質やビタミンEといった体に良い成分も豊富です。
抗がん作用などに効果がある植物ステロールのβ-シトステロールや、ビタミンEは、植物油の中でも特に含有量が多いとされています。

こめ油が体に良いとされる理由

こめ油最大の魅力は、精米によって失われてしまう米本来の成分を摂取できること。玄米が持つ健康パワーが凝縮されているからですね。

ではどんな成分があるのか挙げていきましょう。

(1) 細胞の健康維持を助ける “ビタミンE”
抗酸化作用により細胞の健康維持を助けます。

(2) ビタミンEの数十倍の抗酸化作用を持つ “トコトリエノール(スーパービタミンE)”
ビタミンEの数十倍の抗酸化作用がある成分。血管の若返りにはピッタリの成分です。

(3) 油の食物繊維 “植物ステロール”
油の食物繊維ともいわれ、悪玉コレステロールの吸収を抑える効果があるといわれています。こめ油にはこの植物ステロールが他の食用油より多く含まれています。

(4) こめ油特有の栄養成分 “γ-オリザノール”
抗酸化作用のあるお米特有の成分。更年期障害、胃腸神経症などの改善に効果があると言われており、シミやシワ、くすみなど、年齢肌の悩みを解消する働きもあります。

こめ油には健康を支える栄養素が多いことが分かりましたね。

栄養も使い勝手も優れたこめ油を日常に

他にも、こめ油は油切れがよく、天ぷらやフライがカラッと揚がる特徴があります。食用油に比べてベタつきが少なく、揚げ物の際に出る、鍋にこびりつくカスが少ないため、調理後の鍋や食器の洗い物が楽ちん。
これは嬉しいですね!

オリーブオイルのように、サラダや冷奴にかけてドレッシングとして使うのもおすすめです。油は料理に使う機会が多いので、より体に良いものを選びたいもの。
お米の国日本ですから、ぜひ美味しいこめ油を食卓に取り入れてみてくださいね。

この記事を書いてくれた人:さとう きょうこ
専業主婦から毎日新聞社のライターを経て住宅会社に就職。広報、人事部を立ち上げ、『家を売るライター』として有名建築家や経営者、顧客を取材。雑誌書籍の編集や採用人事も担当。16年の勤務を経て2020年に独立。



いや〜お米ってほんとにいいもんですね……。
8
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。