見出し画像

おにぎりのパートナー「海苔」の歴史

「おにぎりに欠かせないものといえば?」

と聞かれ、真っ先に思いつくものの一つが「海苔」ではないでしょうか。
しかし、海苔とおにぎりとの出会いは思いのほか最近で、一般的になったのは、なんと戦後になってからでした。

セレブな「海苔」と庶民の「おにぎり」

海苔の歴史への登場は古く、
奈良時代に編纂された「常陸国風土記」に

「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、浜辺一面に干されている海苔を見て感動した」

という記述があります。
偶然にもこの風土記には「常陸は握飯の国だ」という記述もあり、奈良時代から両者の出会いがあった可能性も否定はできません。

しかし当時の海苔は、大和朝廷への献上品として扱われており、事実、日本最古の成文憲法である「大宝律令」に、海苔は特に重宝される品とされていました。

天皇や貴族の食べものであったセレブ向きな「海苔」と、召使いの賄いや武士の兵糧として重宝されて「おにぎり」。
この当時は、まだ両者は出会っていなかったと考えるのが自然でしょう。

江戸時代の海苔養殖技術

江戸時代以前、海苔は昆布などほかの海藻類と同様に、流木や岩に自生しているものを集めて干して作られていました。
江戸中期に入り、江戸前漁師が魚の養殖をする生け簀の支柱に、海苔が生えているのを発見し、養殖技術を開発。
海中に「ソダヒビ」という枝を束ねた支柱を立てて、たくさん海苔が採れるようになりました。

この当時養殖されていた海苔は「アサクサノリ」と呼ばれる品種で、現代に主に養殖されている「スサビノリ」とは異なります。
「アサクサノリ」は「スサビノリ」と比べると収量も少なく、当時は養殖といっても勘頼りだったので、希少なものには変わらず、上級武士や豪商の間で愛され、一般庶民には高嶺の花だったようです。
ちなみに「アサクサノリ」は東京浅草の隅田川河口付近で採れたので、その名がついたとされています。

画像1

海苔の養殖を発展させたイギリス人女性

江戸から明治にかけ、支柱を立てて海苔を養殖する技術は確立されたものの、冬場に育つ海苔は夏の間どこにいるのか、海苔の胞子(卵)はどう育つかは、長らく謎のままでした。
これが解明されたのはなんと戦後の昭和24年。
発見したのはイギリス人海藻学者のベーカー女史でした。

それまでは、海苔の胞子は海の中に浮遊し、海岸の岩場に付着して夏を過ごし、秋口に果胞子を出すと思われていました。
ベーカー女史は、海苔の胞子は春先から秋口まで貝殻の中に潜り込み、黒い糸のような状態(糸状体)で生長し、秋口に貝から飛び出すことを発見。
この発見によって初めて海苔の一生が明らかになり、海苔の胞子を貝殻(牡蠣殻)に付着させて育てる方法が確立され、現代のように海苔の大量生産が可能になったのです。

今ではおにぎりに当たり前のように巻かれる海苔ですが、しっかり味わって食べたいものですね。

この記事を書いてくれた人:江戸川渓谷(えどがわけいこく)
プロフィール:三度の飯とおにぎりが好き。趣味は道の駅めぐりに商店街散策、メタボ対策のトレッキング。うまいものは足で稼ぐのが信条。ゲットした惣菜で晩酌するのが最近の楽しみ。

またぜひ読みにきてください!
12
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。