見出し画像

おいしいタマゴの選び方、食べ方

お手頃な価格で買えて、美味しく色んな料理に使える「タマゴ」。
常備されているご家庭がほとんどではないでしょうか。

日本人の1年間のタマゴ消費量は、1人当たり329個。
ほぼ毎日1個、タマゴを食べている
計算になります。これは世界第3位の消費量で、日本人は世界有数のタマゴ好きのようです(国際鶏卵委員会「2014年IEC年次統計」参照)。

タマゴ選びのポイントとは

タマゴは「完全栄養食」と呼ばれるほど栄養価が高く、良質なタンパク質やビタミンB群、ミネラルなど、人間に必要不可欠な成分がバランスよく含まれています。古くから親しまれているのも納得ですね。

では皆さんは、タマゴを選ぶ際、何を基準に選んでいますか?

一番分かりやすいのは、見た目の「大きさ」でしょうか。

Ⅼ・Ⅿ・Sといった卵のサイズは、農林水産省が定めた規格により選別されています。ここでポイントは、「タマゴの大きさは違っても、卵黄の大きさはどれもほぼ同じ」ということです。
つまり、大きなタマゴは卵白の割合が多く、小さいタマゴは、卵白の割合が少ないということになります。そのため、調理法によってサイズを選ぶことが、タマゴ選びのポイントのひとつと言えそうです。

また、タマゴには「有精卵」と「無精卵」があります。日頃スーパーで売られているのは、無精卵というのをご存じでしたか?

「有精卵」は受精したタマゴで、温めればヒヨコが生まれる可能性があります。一方「無精卵」は受精していないので、温めてもヒヨコが生まれる可能性はありません。無精卵は有精卵より傷みにくいため、安全面からも無精卵が市場に出回っています。
「でも有精卵の方が栄養も多くて、美味しいのでは?」と思われる方がいるかもしれませんが、どちらも成分や味の違いがないことが、研究結果で分かっています。

では、タマゴの味や栄養面の違いを左右するポイントは何でしょうか。
それは、タマゴを生む鶏の特徴が大きいとされています。つまり「どんな餌や環境で育った鶏が産んだか」が判断のポイントになりそうです。

最近ではラベルに、特徴が記載されている商品も増えてきました。インターネットでも、こだわりのタマゴが多数販売されています。自分好みのタマゴを探してみるのもいいかもしれませんね。

画像1

万能食材「タマゴ」の美味しい食べ方

ところでタマゴ料理と言えば、オムレツや茶碗蒸し、シンプルなゆで卵やスイーツまで幅は広いですが、タマゴ本来の味を楽しめるのは、やはり「生」ではないでしょうか。

実は、タマゴを生で食べる習慣は、世界でも珍しいそうです。

他国は加熱前提で販売されているため、賞味期限も1か月と長いですが、日本は平均2週間。品質管理や流通が徹底されているおかげで、安心して生で食べることができているのですね。

さて、生で食べるというと、すき焼きなどに添えるほか、中には「そのまま飲んじゃう!」という方もいるようですが、日本人のソウルフード「卵かけごはん」が思いつきます。

人気食材のタマゴと、日本人の主食であるご飯との組み合わせは、まさに最強。近年では卵かけごはん専門店ができたり、「TKG」という愛称もできたりと、美味しいものは時代を超えて愛されていくのでしょう。

食べ方はご家庭やお店によって様々だと思いますが、鰹ぶしやゴマをのせたり、白だしや麺つゆ、なかにはバターや泡立てた卵白をかけるなど、色んな食べ方があるようです。レシピサイトでも、個性ゆたかな卵かけごはんのつくり方が掲載されています。
お気に入りの味を見つけるのも楽しそうですね。

つやつやのごはんに濃厚な黄身がとろけて、口に広がるタマゴとダシの香り……たまりませんね! 料理の腕も不要で、大人も子どもも大好きな卵かけご飯。ランチや夜食に、今日さっそく作ってみませんか?


この記事を書いてくれた人:さとう きょうこ
専業主婦から毎日新聞社のライターを経て住宅会社に就職。広報、人事部を立ち上げ、『家を売るライター』として有名建築家や経営者、顧客を取材。雑誌書籍の編集や採用人事も担当。16年の勤務を経て2020年に独立。


5
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。

こちらでもピックアップされています

食・暮らしの豆知識/レシピ
食・暮らしの豆知識/レシピ
  • 27本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。