[どうしてそうなった!?]ゆめぴりか
見出し画像

[どうしてそうなった!?]ゆめぴりか

[どうしてそうなった!?]は、変わったお米のネーミングの由来についてご紹介していくシリーズです。

今回のお米は
北海道の「ゆめぴりか」です。

名前の由来

「ゆめぴりか」……ご存知、北海道を代表するブランド米です。
時々「ゆめピカリ」と言い間違える人がいますが、名前の由来を知ればもう間違えません。

「ゆめぴりか」は「夢」と、アイヌ語で美しいという意味の「ピリカ」をかけあわせて命名されました。名前は一般公募により3,422点の応募の中から選ばれました。

北海道には多くの品種がありますが、名前を決める際に公募を行うケースはそれまで2例しかありませんでした。
それだけ「ゆめぴりか」にかける北海道の期待は大きかったのです。
そこまで期待をかけられた「ゆめぴりか」の味は……?
筆者の感想です。

見た目の粒は大きく、照りも張りも申し分ありません。
口に入れるとごはんがほぐれて、粒が弾けます。ぷりっとして弾力があり、粒の表面に滲み出るおねばは、咀嚼する前からしっかりと口中にもっちり感を伝えます。
咀嚼するとでんぷんの粘りはしっかり奥歯にとどまり、でんぷんの甘みが口中を覆います。飲み込んだ後でも喉の奥から甘みが戻ってきます。

……そんなお米です。

食味ランキングでは最高位の特Aを毎年獲得!

かつて北海道のお米は「美味しくない」という評判が専らでした。「ゆめぴりか」はその評価を180度ひっくり返す実力があったのです。

「ゆめぴりか」は北海道上川農業試験場で育種されました。実は開発から4年目の試験で「収量」の面で不合格になっていましたが、「食味」が圧倒的に優れていたため、研究員は諦めずに保管していたのです。
再試験で見事に合格し、北海道のブランド米候補となりました。

当時、ブランド米の候補として「ゆめぴりか」を入れて3つありましたが、さらにそこからも選ばれ、晴れて北海道のブランド米としてデビューしたのです。

その選考過程において北海道はより消費者に近い専門家……米屋と寿司屋に意見を聞きました。
実はそういったアプローチはこの時が初めて。通常は味を食味計等の機械で判定し、あとは流通業者の意見を聞いて決める……という流れでした。
あえて専門家に聞いたのは、彼らに「機械では分からない、エンドユーザーに響くお米のストロングポイントを見出してくれるのでは」という期待があったからです。

「ゆめぴりか」がエンドユーザーの目を強く意識している姿勢はデビュー当時からしっかり守られています。
2009年10月に「ゆめぴりか」はデビューしましたが、その年の北海道は冷害でした。品質基準未達のお米が続出し、出荷できるのは全体の1割程度。しかし北海道はその品質基準を緩めず、あくまでも品質を守ることを第一にし、その1割だけの販売にとどめたのです。
そういった厳しい品質管理が実を結び、2010年の道外デビュー以来、日本穀物検定協会の食味ランキングでは最高位の特Aを毎年獲得しています。

画像1

道内各地の産地によって味が異なる「ゆめぴりか」

2011年、
「すいません、『ゆめぴりか』って何ですか?」
というフレーズとともに、全国CMが流されました。
そして2014年以降に採用されたマツコ・デラックスさんの破壊力により、一気にその名前は全国区となったのでした。

毎年「ゆめぴりかコンテスト」が札幌で開催されます。
その年に収穫された「ゆめぴりか」を産地ごとに分けて食味を競うものです。今まで5回開催されていますが、筆者はそのうち2回、審査員として参加しています。
よく「同じ『ゆめぴりか』なのに産地によってそんなに違うの?」と言われます。
私は断言します。全く違います、と。

このコンテストは生産者のモチベーションアップ及び消費者へ宣伝効果が期待されていますが、私自身は「『ゆめぴりか』の可能性を探るコンテスト」という位置づけです。

審査

2回の参加を通じ、「同じ『ゆめぴりか』でも様々な『美味しさ』がある」ことに私は驚きを禁じ得ませんでした。そして消費者はまだまだこういった「ゆめぴりかの奥深さ」に触れていないわけです。

もし私が体験したことを消費者にも広く感じてもらえれば……
もっともっと「ゆめぴりか」の楽しみ方、消費の仕方が増えていくのでは? と思うのです。


「北海道米はやっかいどう米」という消費者の思い込みを取り除いてくれた「ゆめぴりか」。
これからも生産者と道民の「夢」を乗せて、進化し続けることでしょう。

この記事を書いてくれた人:小池理雄(小池精米店三代目)
1971年原宿生まれ。明治大学卒業後、会社勤務を経て2006年に小池精米店を継ぐ。五ツ星お米マイスター。テレビやラジオ、新聞、雑誌、ネット等のメディア出演多数。
共著「お米の世界へようこそ!」(経法ビジネス出版)



この記事が参加している募集

名前の由来

感謝!これからもお米の魅力伝えます。
食から始まる豊かな生活を再発見するメディア「Discover LIFE」です。 日本人の主食である「お米」の歴史や食文化・食べて痩せるダイエットなど、知っているようで意外と知らないトリビアから暮らしに役立つ情報まで、さまざまな視点でご紹介します。