食・暮らしの豆知識/レシピ

21

お月見の独自風習あれこれ! 十五夜に相撲大会!?

日本の秋は、空気が澄んで月が一番美しい季節です。

旧暦9月の異名である「長月(ながつき)」は、「紅葉月(もみじづき)」などとも呼ばれ、秋の美しい趣きを伝えてきました。

今回は来る十五夜に向けて、心が豊かになるようなお月見の過ごし方をご紹介します。

毎年違う日に訪れる「お月見」。十五夜ってどんな行事?

お月見とは旧暦8月15日の十五夜に、夜空に浮かぶ月を愛でる行事のことをさしています。

もっとみる

必読! ご飯は左、お味噌汁は右。正しい配膳とその理由

普段私たちが食べている和食に
「配膳位置のマナー」があるのをご存じでしょうか。

家で意識されている方は少ないかもしれませんが、外食で定食を注文したときなど、大抵位置が決まって出てくるのは気付いている方も多いのでは。

最近は家で撮った食卓の写真をSNSに載せる方もいらっしゃいますが、配膳が間違っていて指摘される場合もあるようです。食生活の欧米化が進んでいるとはいえ、日本人なら正しい配膳を知ってお

もっとみる

引っ越しの挨拶に喜ばれる手土産といえば? 引っ越し蕎麦の由来から、現代の手土産まで

ほとんどのお祝い事では赤飯やお餅を食べるのに、なぜ引っ越しの時は蕎麦をふるまうのでしょうか。
そもそも引っ越し蕎麦とは、新居で自分たちで食べるもの? それとも引っ越し先のご近所さまに配るものなの……?

今回は引っ越し蕎麦の由来を探り、引っ越しの挨拶にもらって嬉しい手土産をご紹介します。

引っ越ししたらご近所に配る「引っ越し蕎麦」の由来

引っ越し蕎麦の慣習が始まったのは、江戸時代の中頃だと言わ

もっとみる

「五平餅」なのにもち米じゃない!? きっと知らないお米の豆知識。

お米を使った郷土料理「五平餅」の魅力

ご飯を串に刺して焼いた「五平餅」(ごへいもち)。
皆さん食べたことはありますか?

岐阜県の東濃地域や長野県南部、愛知県三河地方などの郷土料理で、高速道路のサービスエリアや道の駅などで販売されています。

五平餅の起源は、つぶしたお米を木の枝に刺したものが神事でお供えされ、それを焼いて食べるようになったのが始まりと言われています。

一般的に多い形は「わらじ

もっとみる

赤飯なのに甘い! 醤油味!? 地方の歴史が育んだ意外な赤飯とは

赤飯の赤色は、どこから?

昔から祝い飯として愛され、現代ではスーパーやコンビニエンスストアでも手に入るほど身近な食事となった赤飯。

赤飯とは一般的に、もち米に小豆や大角豆(ささげ)を混ぜて蒸したおこわのことを言います。

縄文時代頃に中国から伝わった古代米は黒い色で、炊くと赤い色のご飯になったという説があります。その頃のお米は貴重だったので、この古代米は神さまへの供え物用や儀礼用として使われて

もっとみる

お米にまつわる5つのことわざ

日本人の暮らしから生まれて、育まれたことわざ

「はじめちょろちょろ中ぱっぱ赤子泣くとも蓋取るな」。これはかまどで上手にご飯を炊くための昔ながらのメソッド。始めはとろ火で炊き中ごろは強い火加減で。途中で赤ちゃんが泣いてもどんなことが起きても、お鍋の蓋を取ってはいけないということをキャッチ―な言葉で表しています。

ことわざというのは、昔の人たちが暮らしていく中で生み出し育んだ知恵や教えを短い言葉で

もっとみる